スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012中山牝馬S分析

【前走レース別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

前走レース 着別度数 勝率 連対率 3着内率
京都牝馬S 4-3-4-32 9.30% 16.30% 25.60%
初音S 1-1-1-5 12.50% 25.00% 37.50%
エリザベス女王杯 1-0-2-4 14.30% 14.30% 42.90%
白富士S 1-0-1-2 25.00% 25.00% 50.00%
愛知杯 1-0-0-7 12.50% 12.50% 12.50%
小倉大賞典 1-0-0-4 20.00% 20.00% 20.00%
東京新聞杯 1-0-0-3 25.00% 25.00% 25.00%
エンプブレス杯 0-1-0-5 0.00% 16.70% 16.70%
阪急杯 0-1-0-1 0.00% 50.00% 50.00%
ダイヤモンドS 0-1-0-1 0.00% 50.00% 50.00%
アメリカJCC 0-1-0-1 0.00% 50.00% 50.00%
中山記念 0-1-0-0 0.00% 100.00% 100.00%
但馬S 0-1-0-0 0.00% 100.00% 100.00%
ターコイズS 0-0-1-3 0.00% 0.00% 25.00%
山城S 0-0-1-0 0.00% 0.00% 100.00%


【前走距離別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

前走距離 着別度数 勝率 連対率 3着内率
1400m 0-1-1-7 0.00% 11.10% 22.20%
1600m 6-4-5-52 9.00% 14.90% 22.40%
1800m 1-1-1-32 2.90% 5.70% 8.60%
2000m 2-1-1-21 8.00% 12.00% 16.00%
2100m 0-1-0-5 0.00% 16.70% 16.70%
2200m 1-1-2-8 8.30% 16.70% 33.30%
2500m 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%
3000m 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%
3200m 0-1-0-0 0.00% 100.00% 100.00%
これらの傾向から分かる事 : 前走が芝1600mだった馬が優勢





【前走着順別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

前走着順 着別度数 勝率 連対率 3着内率
前走1着 0-0-2-19 0.00% 0.00% 9.50%
前走2着 3-1-0-10 21.40% 28.60% 28.60%
前走3着 2-0-1-5 25.00% 25.00% 37.50%
前走4着 1-2-1-4 12.50% 37.50% 50.00%
前走5着 2-2-1-9 14.30% 28.60% 35.70%
前走6~9着 0-3-3-40 0.00% 6.50% 13.00%
前走10着~ 2-2-1-43 4.20% 8.30% 10.40%
この傾向から分かる事 : 前走において、2~5着に入線した馬が優勢





【脚質別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 3着内率
逃げ 0-1-1-9 0.00% 9.10% 18.20%
先行 3-0-0-31 8.80% 8.80% 8.80%
差し 6-5-6-45 9.70% 17.70% 27.40%
追い込み 1-4-3-45 1.90% 9.40% 15.10%
マクリ 0-0-0-0
この傾向から分かる事 : 中山芝1800mというコース形態という観点から、「差し馬」が中心





【中山芝1800m(ハンデ) 騎手別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

騎手 着別度数 勝率 連対率 3着内率
蛯名正義 7-2-2-14 28.00% 36.00% 44.00%
柴田善臣 4-1-2-20 14.80% 18.50% 25.90%
江田照男 3-2-2-16 13.00% 21.70% 30.40%
北村宏司 3-1-2-22 10.70% 14.30% 21.40%
吉田豊 2-2-2-18 8.30% 16.70% 25.00%
田中勝春 2-2-1-19 8.30% 16.70% 20.80%
的場勇人 2-0-0-3 40.00% 40.00% 40.00%
後藤浩輝 1-5-1-17 4.20% 25.00% 29.20%
吉田隼人 1-3-0-9 7.70% 30.80% 30.80%
勝浦正樹 1-1-2-18 4.50% 9.10% 18.20%




【中山芝1800m(ハンデ) 種牡馬別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 3着内率
サンデーサイレンス 6-4-5-53 8.80% 14.70% 22.10%
タイキシャトル 3-1-1-3 37.50% 50.00% 62.50%
フジキセキ 2-4-1-18 8.00% 24.00% 28.00%
トニービン 2-1-1-4 25.00% 37.50% 50.00%
メジロマックイーン 2-0-2-6 20.00% 20.00% 40.00%
スペシャルウィーク 2-0-1-5 25.00% 25.00% 37.50%
ゴールドヘイロー 2-0-0-0 100.00% 100.00% 100.00%
アドマイヤベガ 1-1-2-8 8.30% 16.70% 33.30%
ブライアンズタイム 1-1-1-11 7.10% 14.30% 21.40%
キングヘイロー 1-1-1-7 10.00% 20.00% 30.00%
この傾向から分かる事 : サンデーサイレンス・フジキセキなどの中長距離血統が狙い目

nakayama_s_1800.jpg

スタートしてすぐに上り坂。
内回りコースのためペースは落ち着きやすい。
枠順は内枠有利で、前へ行って主導権を握りたい馬が内枠に入れば、それだけでアドバンテージを得る。
ペースが落ち着き安く、尚且つ最後の直線も短いため、差し馬同士で決まることは少ない。
有利な脚質は逃げ~先行。
スポンサーサイト
[ 2012/03/05 15:35 ] ◆2012中山牝馬S(G3) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

応援クリックお願いします┏〇ぺこり
馬の情報を検索
訪問者様


おすすめ記事
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。