スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中山牝馬S予想

◆中山 芝右1800m サラ系4歳以上オープン ○国際 牝□指(ハンデ)



◎ホエールキャプチャ

〇コスモネモシン

▲ブロードストリート

★オールザットジャズ


◎ホエールキャプチャ

images.jpg

命にはホエールキャプチャを推奨。なんといってもエリザベス女王杯を除いては全て3着以内に入る抜群の安定感が持ち味だ。大きく崩れることはまず考えにくい馬である。また、前走のエリザベス女王杯時は前回の記事でも書いたが調教が上手くいかず馬体の筋肉が衰えてがれてしまった状態にもかかわらず堂々の4着で、今回のホエールはその時と比べると馬体の差がまさに一目瞭然。前走よりも相手が楽なこのメンツなら十分勝負が可能だ。さらに前走から4ヶ月ぶりのレースだがこの馬は休養明けでも走ってくれる。その証拠に去年はオークスから4ヶ月ぶりに臨んだローズSでも勝ち馬になっていることからもその点の心配はいらないだろう。距離も本来はマイルがベストなので1800mも好材料だ。55kgのハンデもこの馬は何度も経験しているのでその点も問題なくこなしてくれるはずだ。内枠天国の中山で外に入ったことは若干気になるがそれでも抜群の手ごたえを持つこの馬で勝負したい。後で買い目は述べるが大崩れしないこの馬を軸で流すつもりである。


〇コスモネモシン

127065400236216329647_db_netkeiba_com_20100408002642.jpg

対抗にはコスモネモシンを推奨。この馬はとにかく1800mに滅法強い。今まで出場した1800m戦では3着以下が一度もないのである。当馬のベストの距離である1800mで戦えるのは非常に好材料。さらに、実績がものを言う中山競馬場において実績があることはさらにこの馬の良い点である。前々走の愛知杯では55.5kgの斤量を背負って3着と素晴らしい結果を残してくれた。今回はその時よりも斤量が軽いので55kgの斤量も問題はないであろう。また、この馬生粋の道悪巧者なので馬場が悪くなったらよりいっそうこの馬にチャンスが巡ってくる。また、今回の調教で出走馬の中でも特に抜群の動きを見せてくれたのがコスモネモシンである。こんなに動いているところははじめてというレベルである。ローテーションも問題なくきているので是非ここは当馬で勝負したい

▲ブロードストリート

20090503_05.jpg

ブロードストリートは前走の小倉大賞典で牡馬を相手に堂々の走り。最後の直線で追い出しが遅れたこと、直線で不利を受けたこともあって結果は5着であったが直線よく伸びていたのが好印象。また、1位との着差も0.1秒の5着なのでこのメンツを相手にその着差での5着は素直に評価したいところ。道中も抜群の手ごたえで周回していただけに悔しい競馬となってしまった。また、この馬のローテーション的に今回は絶好の買い時である。栗東の馬で輸送もあるがこの馬は輸送も苦にしない馬でもある。5枠10番。この枠からなら好位につけて競馬をすることも可能である。

★オールザットジャズ

ダウンロード

★にはオールザットジャズを推奨。なにより53kgのハンデをもらったことがかなりの好材料。枠も4枠7番と悪くないところを引いてくれた。さらに、この馬1800m戦となると連対を外したことは一度もなく(5戦5連対)まさに距離はベスト。初の輸送があることや中山で走るのは初めてジョッキーもテンのりという不安要素もあるがその点で逆に人気が落ちることを期待したい。また、父のタニノギムレットはスプリングSや皐月賞で活躍した中山巧者であったので血統的にはこなすことも可能である。恵まれたハンデと得意の距離でここは一発にぜひ期待したいところである。調教も悪くうつらなかった。ローテーションもばっちりなのでこの点も好材料。好位に着ける競馬に期待





にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

↑当記事が皆様のお役に立ちましたら上記のバナーを応援クリックお願いいたします┌〇ぺこ↑



>3連単的中実績№1!!是非予想の参考にしてください!入会費、年会費0¥です!!







◆⇒裏注目はやはりあの馬!?

◆⇒大駆け必須のこの馬に注目!!



買い目3連複1頭軸 ◎⇒〇▲★

馬単 ◎★ 〇▲ ★◎

ワイド⇒ ◎★ ▲★ 三連複16-3,5,7,9,4,6手広く


※今回は予想が難しく大変でした><手広く流すことを推奨
スポンサーサイト
[ 2012/03/10 14:47 ] ◆2012中山牝馬S(G3) | TB(0) | CM(0)

2012中山牝馬S有力馬馬体診断

イタリアンレッド
↓2012 2月29日
pp09.jpg
↓去年の夏(この馬が活躍した夏の時)
images.jpg

イタリアンレッドは去年の夏~秋大活躍。七夕賞(G3)、小倉記念(G3)、府中牝馬S(G2)と出走し3連勝を飾っている。だが、府中牝馬S後のエリザベス女王杯では9着に終わった。そのエリザベス女王杯(11月13)日以来のレースとなる。今回のメンバーでは実力はもちろん上位なのだが好調時の馬体と比べるといささかもの足りない印象を受ける。このレースがイタリアンレッドのラストランとの情報もありどんな走りを見せてくれるか非常に注目である。使い始めるにはまだ早いのかもしれない。もうすこし暖かくなってから使うのがいいと思っていたのだが出走する分には全力で頑張ってほしい。体調が芳しくないという情報もあるのであまり無理はしないで欲しい


↓2012 3月↓
pp13.jpg
↓エリザベス女王杯のとき↓
20111108_2657508.jpg
ホエールキャプチャもエリザベス女王杯以来のレースになるがこの馬はエリザベス字の馬体は前走前々走で仕上げてしまい反動でガレテしまい筋肉も衰えて全体的に細く見える仕上がりになってしまっていた。馬体を比べると一目瞭然ですね。今回の馬体のほうが断然に順調に仕上がっている印象を受けた。肉付きもよく足腰もしっかりしてそうである。レースまでの追い切りでここからさらに体をならしていけば問題なく今回のメンバーなら勝ち負けになる予感。芦毛のホエールちゃんは相変わらずかわいらしいですね。

◆⇒超大穴馬の勝算とは!?この情報は必見です!!

◆⇒今回のレースで大駆け必須はこの馬!!



3連単的中実績№1!!是非予想の参考にしてください!入会費、年会費0¥です!!




メルマガ会員募集中!!!当サイト左の登録フォームから申請してください。本当に簡単にすぐ登録できます。

これからもよろしくお願いします┌〇ぺこ



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

↑当記事が皆様のお役に立ちましたら上記のバナーを応援クリックお願いいたします┌〇ぺこ↑
[ 2012/03/07 16:25 ] ◆2012中山牝馬S(G3) | TB(0) | CM(0)

2012中山牝馬S分析

【前走レース別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

前走レース 着別度数 勝率 連対率 3着内率
京都牝馬S 4-3-4-32 9.30% 16.30% 25.60%
初音S 1-1-1-5 12.50% 25.00% 37.50%
エリザベス女王杯 1-0-2-4 14.30% 14.30% 42.90%
白富士S 1-0-1-2 25.00% 25.00% 50.00%
愛知杯 1-0-0-7 12.50% 12.50% 12.50%
小倉大賞典 1-0-0-4 20.00% 20.00% 20.00%
東京新聞杯 1-0-0-3 25.00% 25.00% 25.00%
エンプブレス杯 0-1-0-5 0.00% 16.70% 16.70%
阪急杯 0-1-0-1 0.00% 50.00% 50.00%
ダイヤモンドS 0-1-0-1 0.00% 50.00% 50.00%
アメリカJCC 0-1-0-1 0.00% 50.00% 50.00%
中山記念 0-1-0-0 0.00% 100.00% 100.00%
但馬S 0-1-0-0 0.00% 100.00% 100.00%
ターコイズS 0-0-1-3 0.00% 0.00% 25.00%
山城S 0-0-1-0 0.00% 0.00% 100.00%


【前走距離別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

前走距離 着別度数 勝率 連対率 3着内率
1400m 0-1-1-7 0.00% 11.10% 22.20%
1600m 6-4-5-52 9.00% 14.90% 22.40%
1800m 1-1-1-32 2.90% 5.70% 8.60%
2000m 2-1-1-21 8.00% 12.00% 16.00%
2100m 0-1-0-5 0.00% 16.70% 16.70%
2200m 1-1-2-8 8.30% 16.70% 33.30%
2500m 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%
3000m 0-0-0-1 0.00% 0.00% 0.00%
3200m 0-1-0-0 0.00% 100.00% 100.00%
これらの傾向から分かる事 : 前走が芝1600mだった馬が優勢





【前走着順別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

前走着順 着別度数 勝率 連対率 3着内率
前走1着 0-0-2-19 0.00% 0.00% 9.50%
前走2着 3-1-0-10 21.40% 28.60% 28.60%
前走3着 2-0-1-5 25.00% 25.00% 37.50%
前走4着 1-2-1-4 12.50% 37.50% 50.00%
前走5着 2-2-1-9 14.30% 28.60% 35.70%
前走6~9着 0-3-3-40 0.00% 6.50% 13.00%
前走10着~ 2-2-1-43 4.20% 8.30% 10.40%
この傾向から分かる事 : 前走において、2~5着に入線した馬が優勢





【脚質別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 3着内率
逃げ 0-1-1-9 0.00% 9.10% 18.20%
先行 3-0-0-31 8.80% 8.80% 8.80%
差し 6-5-6-45 9.70% 17.70% 27.40%
追い込み 1-4-3-45 1.90% 9.40% 15.10%
マクリ 0-0-0-0
この傾向から分かる事 : 中山芝1800mというコース形態という観点から、「差し馬」が中心





【中山芝1800m(ハンデ) 騎手別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

騎手 着別度数 勝率 連対率 3着内率
蛯名正義 7-2-2-14 28.00% 36.00% 44.00%
柴田善臣 4-1-2-20 14.80% 18.50% 25.90%
江田照男 3-2-2-16 13.00% 21.70% 30.40%
北村宏司 3-1-2-22 10.70% 14.30% 21.40%
吉田豊 2-2-2-18 8.30% 16.70% 25.00%
田中勝春 2-2-1-19 8.30% 16.70% 20.80%
的場勇人 2-0-0-3 40.00% 40.00% 40.00%
後藤浩輝 1-5-1-17 4.20% 25.00% 29.20%
吉田隼人 1-3-0-9 7.70% 30.80% 30.80%
勝浦正樹 1-1-2-18 4.50% 9.10% 18.20%




【中山芝1800m(ハンデ) 種牡馬別傾向】 ※ 集計期間:2002年~

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 3着内率
サンデーサイレンス 6-4-5-53 8.80% 14.70% 22.10%
タイキシャトル 3-1-1-3 37.50% 50.00% 62.50%
フジキセキ 2-4-1-18 8.00% 24.00% 28.00%
トニービン 2-1-1-4 25.00% 37.50% 50.00%
メジロマックイーン 2-0-2-6 20.00% 20.00% 40.00%
スペシャルウィーク 2-0-1-5 25.00% 25.00% 37.50%
ゴールドヘイロー 2-0-0-0 100.00% 100.00% 100.00%
アドマイヤベガ 1-1-2-8 8.30% 16.70% 33.30%
ブライアンズタイム 1-1-1-11 7.10% 14.30% 21.40%
キングヘイロー 1-1-1-7 10.00% 20.00% 30.00%
この傾向から分かる事 : サンデーサイレンス・フジキセキなどの中長距離血統が狙い目

nakayama_s_1800.jpg

スタートしてすぐに上り坂。
内回りコースのためペースは落ち着きやすい。
枠順は内枠有利で、前へ行って主導権を握りたい馬が内枠に入れば、それだけでアドバンテージを得る。
ペースが落ち着き安く、尚且つ最後の直線も短いため、差し馬同士で決まることは少ない。
有利な脚質は逃げ~先行。
[ 2012/03/05 15:35 ] ◆2012中山牝馬S(G3) | TB(0) | CM(0)
応援クリックお願いします┏〇ぺこり
馬の情報を検索
訪問者様


おすすめ記事
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。