スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012弥生賞予想

弥生賞(GⅡ)
中山/芝2000m / 発走:15:45


◎アーデント

〇フェノーメノ

▲エキストラエンド

★コスモオオゾラ



【推奨馬紹介】
◎アーデント
a-dennto.jpg

本命はアーデントです。まず、3枠3番と内側のいいところを引いたことは素直に評価したい。また、偶数番号で後入れなのもプラス。前走の京成杯では外外をまわったのにも関わらず堂々の4着と掲示板入り。関東馬なので輸送もなくリラックスしてレースに臨める点も好材料。中山コースは新馬戦で勝っている通り苦手ではないのも確かである。さらに、前々走いちょうS(10月22日)から前走の京成杯(1月15)のローテできているのでおそらく前走の京成杯は叩き台であろう。叩き2走目の今回は勝負色濃厚で仕上げも万全である。上積みにももちろん期待だ。現在単勝オッズ12.2倍の5番人気なのも馬券的に魅了抜群。ここはこの馬で是非勝負したいところなのである。

〇フェノーメノ

huxeno-meno.jpg

抗にはフェノーメノを推奨。父はステイゴールドで今年も大活躍している血統だ。前走の3歳500万下では、最後の直線は持ったままで余裕の勝利。確実に力をつけてきています。成長の面ではこの馬が3歳勢では一番著しい。今まですべて2000mを走ってきているこの馬なら距離のことについては全く心配いらずまさに弥生賞は適鞍。当日の馬場状態はまだわからないが渋った馬場でも母の父にデインヒルがおりさらに父はステイゴールドなので問題なくこなしてくれるだろう。条件が500万下でも重賞級の相手にしっかり勝利していることは素直に評価すべきである。枠も真ん中の好枠、ローテーションもばっちりなのでこの馬を推します。調教も確認したところ軽やかな動きで非常に仕上がりのいい印象を受けた。一気にこの勢いでクラシックに向かってほしい。

▲エキストラエンド
extra.jpg

エキストラエンドは調教を見ても様子が非常によい。ポリトラックで3頭併せ。リズムのいいフットワークでラップを刻み、直線は最内からシャープに伸び、ラスト11秒2(6ハロン84秒1)で最先着。重賞初制覇へ、状態のよさを誇示した。さらにジョッキーのC.デムーロは本日絶好調でしたし明日も期待できる。兄のローエングリンは、中山記念を2度制覇(2003年・2007年)した中山巧者だったこともあり中山もしっかりこなしてくれるはずだ。距離も2000m前後がこの馬にとってはベスト。枠が大外なので割り引きが必要なのだが馬券圏内には入ってくれるはずである。中山なので輸送もあるが小倉への輸送は問題なかったのでおそらく輸送は苦にしない馬なのだと判断。メイショウカドマツを始め、7頭以上が前目で競馬するメンツばかり。例年スローの弥生賞だが、今回はハイペース気味になると考えられる縦長の競馬になれば、大外でも十分にチャンスはあるはずだ。さらに内側の馬場状態は今日のレースで悪くなっている可能性も少なくはないはずだ。

★コスモオオゾラ

kosumo.jpg

穴馬としてコスモオオゾラを推奨。前走共同通信杯では直線まで好位につけもしかしたらと思う場面もあったが結果5着でフィニッシュ。スタミナのある馬なので相手は前目にどんどんいく消耗戦ならこの馬の出番は間違いなくあるはずだ。弥生賞の今回のメンバーは前からの競馬をする馬が多くいるのでその展開も容易に想像が可能。さらに枠も3枠5番と内側のいい枠を引いたのもプラス。広々とした東京からゴチャついた流れが予想される中山へのコース替わりもプラス材料。柴田大知騎手も2走目ということでこの馬の特徴を掴んでくれていると期待したい。ローテーションも前走の共同通信杯のときは少しあいてしまったが今回はちょうど良い間隔での出走。前走よりは条件がプラスに傾いているのでここは買い。オッズ的にも買いたいところ。



【買い目推奨】

3連複一頭軸4-5,8,15,2,12,14 複勝5 馬連BOX 4,5,8,15



◆⇒裏注目はやはりあの馬!?

◆⇒裏予想はこちら!!



3連単的中実績№1!!是非予想の参考にしてください!入会費、年会費0¥です!!




メルマガ会員募集中当サイト左の登録フォームから申請してください。本当に簡単にすぐ登録できます。

これからもよろしくお願いします┌〇ぺこ
スポンサーサイト
[ 2012/03/03 18:52 ] ◆2012弥生賞(G2) | TB(0) | CM(0)

2012弥生賞データ分析

dd.jpg

レース概要⇒中山競馬場 芝右2000m

前々走の着順別成績(過去10年)

前々走の着順 成績 勝率  連対率 3着内率
1着 8-5-3-33 16.3% 26.5% 32.7%
2着 2-2-1-12 11.8% 23.5% 29.4%
3着 0-2-2-8 0% 16.7% 33.3%
4着以下 0-0-4-32 0% 0% 11.1%
キャリア1戦のみ 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%

前々走の着順で連対した馬の勝率が特に高いことがわかる。キャリア2戦以上で連対した馬は、すべて前々走で「3着以内」に入っていたことになる。前走の着順ももちろんチェックだが今回は前々走の着順にもさらに注意して頭に入れておくことが必要だ

芝のレースでの通算勝利数別成績(過去10年)


通算勝利数 成績 勝率  連対率 3着内率
0勝    0-0-0-20 0% 0% 0%
1勝    0-3-4-27 0% 8.8% 20.6%
2勝    6-5-3-35 12.2% 22.4% 28.6%
3勝    3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
4勝    1-1-1-0 33.3% 66.7% 100%


芝での実績がある馬に注目する必要がある。特にそのなかでも芝で2勝以上している馬に注目する必要がある。芝で4勝している馬は3着内率ならいまのところ100%である


弥生賞/人気データ

1番人気 (7-1-0-3)
2番人気 (3-3-2-2)
3番人気 (0-2-0-8)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-1-2-8)
6番人気 (0-2-1-7)
7~9  (0-1-5-24)
10人以下(0-0-0-24)


1番人気は堅実!昨年も1番人気のサダムパテックが勝利している!人気馬が期待にこたえるレースになることが少なくないのである

弥生賞/枠データ
1枠(2-1-1-7)
2枠(2-1-1-7)
3枠(1-4-0-8)
4枠(1-1-2-10)
5枠(1-1-2-9)
6枠(2-0-0-14)
7枠(0-1-4-14)
8枠(2-2-1-14)


枠についてそんなに差はないように見受けられる。特に気にする必要はないだろう

◆⇒目はやはりあの馬!?

◆⇒穴党はこちらへ



3連単的中実績№1!!是非予想の参考にしてください!入会費、年会費0¥です!!




[ 2012/02/27 15:02 ] ◆2012弥生賞(G2) | TB(0) | CM(0)
応援クリックお願いします┏〇ぺこり
馬の情報を検索
訪問者様


おすすめ記事
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。