スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アーリントンC回顧

ジャスタウェイの末脚が見事の一言でした。シンガリから足をためて全員差し切る気持ちのいい競馬でしたね。道悪でパワーのいる馬場だったこともあって先行勢はスタミナ切れの様子でした。予想でのべた通りダローネガはかかってしまいました。精神面の成長に期待ですね。ブライトラインは馬場が今回は合わなかったのと他の馬が併せてきたとき直背で一度は伸びたもののそれからは伸びませんでしたね。そして今回2着に入ったオリービンは強い競馬をしたと思います。道中3番手から押して2着は立派ですね。力のいる馬場で先行して2着は実力のある証拠です。さらに直線で馬と馬の間を割って入って行ったあのシーンはこの馬の根性を感じました。明日の中山記念は馬場状態が少しは回復するみたいのなので馬場状態には随時注目しなくてはいけませんねとにかくジャスタウェイ大外からの鬼脚すごかった。

pic_pickup3.jpg


中山記念予想はこちら

◎リアルインパクト

〇ダイワファルコン

▲フィフスペトル

★シルポート


データで導き出した注目の穴馬はこちら

◎リアルインパクト2011-1.jpg

リアルインパクトを本命馬に推奨。まず、開幕週で内枠に入ったのを非常に良い。おそらく最内枠に入ったシルポートがハナを切る展開。そのシルポートの手前2番手につける競馬ができれば力で勝るこの馬がそのまま押し切ることが可能なはず。なんといってもこの馬はGⅠ馬だということも忘れてはならない。データでみても1~3番の馬の勝率が圧倒的なこともこの論を助ける。この馬が馬券圏内を外すことは考えにくい。距離も1800がベスト。絶好調の岩田ジョッキーにも期待

〇ダイワファルコンダウンロード

なんといっても中山1800mに実績のあるこの馬が有力。中山金杯ではフェデラリストに敗れはしたがここでは仕上がり面でこちらに分がある。距離もこの距離がベストだと陣営も言っている。さらに今回は斤量もフェデラリストよりも軽いこともありここではこの馬が勝てる余地は十分ある。ローテーション的にもちょうどよいのではないだろうか。あとは、馬体重に注意。大幅増で負けたレースが前々走である。また馬場状態が道悪で大丈夫なのか若干不安もあるがオッズ的にもここは買いたい。

▲フィフスペトルダウンロード (1)

この馬の持ち味は何と言っても切れる脚だ。持ち時計をみてもこの馬の速さがとにかく目立つ。生粋のマイラ―といてもよいであろう。中山でも実績のあるこの馬が力で負けることは考えにくい。さらに調教でもしっかりと時計を出しておりこのレースに向けて取り組んできた陣営の気合も感じ取ることができる。また、独自指数の結果この馬が高い数値をだしたのもあり馬券を買う上で是非かっておきたい一頭になった。明日の馬場状態を考えてもこの馬は買い!

シルポートはまあ内枠でそのまま逃げ切れたらラッキーって感じなんで一応ヒモでかっとくことをおすすめしときます^^;逃げ馬は怖いですからねWWWW

買い目推奨

3連複一頭軸 2-1,7,9,5 ワイド2-1 2-7 馬連BOX2,1,7,9,5

トゥザグローリーは買わないという大胆予想にしてみました。ドバイへのたたき台と1800mという距離という理由です。調教もそんなによくうつりませんでしたこいつがきてしまうと配当があれですしね^^;
スポンサーサイト

アーリントンC予想

◎ブライトライン

〇ダローネガ 
 

▲アルキメデス


ブライトライン 

前走、前々走と距離が2000mとこの馬には少し長い距離だった。しかし今回は1600mとこの馬の適性距離なので思う存分力が発揮できる。さらに、前走、前々走共にGⅢつまり重賞を走った経験は必ず次のレースに活かせるはずだ。アーリントンCのデータを見ても前走が重賞の場合は勝率も圧倒的に他と比べて高い。この馬の1800mの持ち時計は1分47秒5といい時計を持っているのも根拠の一つだ。それに、今回は阪神競馬像開幕週のため前残りの傾向がある。内枠のこの馬がアンカツジョッキーの先行策とともに後ろを突き放してそのまま押し切る競馬が容易に想像できる。よって本命にブライトラインを推奨。

ダローネガ

出遅れ、イレコミ等精神的な部分で少し問題のあるこの馬であるがそれらを除けば今回のメンツであるなら馬券圏内は実力的に問題ないであろう。あまり時計は良くない感じだが、栗東の坂路は時計が出にくいのでそこまで問題視する必要はないし、併せることで変わっていくであろう。岩田ジョッキーのテクニックですっと前に追い出してもらいたい。距離も1600がこの馬のベスト。

アルキメデス

なにより、3枠3番といいところを引いた印象。開幕週なので内枠はとにかく有利。前走重賞を走っているのもデータ的に好材料だ。さらに今回は距離短縮でもちろんこれも買い材料だ。道中先行策で一気に押し切る競馬が可能。調教でも軽やかな動きを見せていたので期待できる。この馬のいい時の条件にすべてがあてはまっている。オッズ的にも妙味があるのでここは買いたいところである。

買い目推奨3連複3-7-9 馬連BOX 3,7,9

⇒さらに予想を見たい方はこちらへ!


アーリントンCデータ分析

土曜日の重賞アーリントンカップ(GⅢ)のデータを確認しておきましょう。このレースはある傾向がデータから読み取ることができるので頭に入れておくことは大変重要です!!

まずは、レース概要⇒阪神競馬場 芝右 外1600m サラ系3歳オープン

阪神競馬場は馬場改修工事後に実施された2007年以降では単勝オッズ1番人気が敗れています。このレースは荒れるレースと頭にいれておきましょう。

次に、このレースは特に馬場改修工事後は先行馬勢の活躍が非常に目立っています。

前走の4コーナーの位置別成績(過去5年)

前走の4コーナーの位置 成績 勝率 連対率 3着内率
4番手以内    4-2-3-19 14.3% 21.4% 32.1%
5番手以下    1-3-2-34 2.5% 10.0% 15.0%
計        5-5-5-53 7.4% 14.7% 22.1%

このように4番手以内が5番手以下を上回っていることから、逃げ、先行の活躍していることがわかります。したがって、差し、追い込み勢は少しマイナスして予想を立てるのが賢明でしょう。

そして以下のデータを見ていただきたいのですが

前走の条件別成績(過去10年)

前走の条件  成績  勝率 連対率 3着内率
重賞     2-5-4-31 4.8% 16.7% 26.2%
オープン特別 3-3-2-18 11.5% 23.1% 30.8%
500万下  4-2-4-36 8.7% 13.0% 21.7%

新馬     1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
未勝利     0-0-0-16 0% 0% 0%
地方競馬のレース0-0-0-8 0% 0% 0%


前走が新馬、未勝利、地方の場合は成績が非常に悪いです。紫色で示した条件からの出走馬はあまりにあてにしないほうがいいかもしれません。

アーリントンCは毎年高配当がでているので私も積極的に穴馬をかっていきたいとおもいます><

そして、⇒もっと予想が見たい方はこちらもご覧ください


あと、私の予想も見ていただけると嬉しいですが、こちらもすごい参考になります。





無料でこの予想の質はすごいと思いますので是非あわせて登録してみてください!!

さらに、メルマガ会員様にはさらに詳しいデータ分析をお送りしますので楽しみにしていてください!勝ち馬はあの馬できまり!?メルマガ会員は随時募集していますので登録したい方がいましたら当ブログ左のサイドバーに登録フォームを設置しておりますのでそこから登録してください!
応援クリックお願いします┏〇ぺこり
馬の情報を検索
訪問者様


おすすめ記事
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。